キーストーン法律事務所HP(東京・池袋)――スポーツ法、中国ビジネス法務、歯科訴訟、離婚訴訟、債務整理、建築紛争、風俗営業等法律相談



 ■ ホーム > 弁護士等紹介 > 弁護士久保田祐佳


弁護士 久保田祐佳



  弁護士  久保田 祐佳 (くぼたゆか)

■略 歴
 2004年 慶応義塾大学法学部政治学科卒業
 2008年 名古屋大学法科大学院卒業
 2009年 弁護士登録

■その他
2008年 名古屋大学より派遣されてモンゴル国立大学で日本法講師を体験(2週間)
2009年

名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE)との協力により、『法律家と国際協力の世界』を他の司法修習生らと編集・出版(CALEブックレットNO.3)
2010年 6月 少年を取り巻く犯罪事情について薬物事犯を中心に講義(都立墨田工業高校にて)
     7月 タイ国境付近の難民支援学校にて法律講義
2011年 2月 タイ国境付近の難民支援学校にて法律講義
     5月以降

主に岩手県・宮城県で法律紙芝居を用い、有志で被災地支援開始(活動の内容は日弁連発行の『自由と正義』2012年4月号83頁以下に記載されています)
     9月 タイ国境付近の難民支援学校にて法律講義
     10月

「震災に伴う人権問題」について講演(国際医学生連盟日本(IFMSA-Japan)主催の分科会の1つにて)
     12月

「震災と女性・子ども・障害者・外国人の人権〜東日本大震災を通して」と題するイベントにて講師の1人として講演(ヒューマンライツ・ナウ主催)

■興味・関心分野

(1)国際的な法律分野
 一般民事事件・刑事事件全般に関心がありますが、世界各地に外国人の友人がいることもあり、法科大学院では国際私法や国際民事訴訟法なども勉強しました。
 ですので、渉外的な要素を含む法律問題(国際結婚や国際離婚に関する紛争、外国人の在留資格を巡る紛争等)についても、試行錯誤しながら取り組んでいます。
 最近は、ヒューマン・ライツ・ナウ(HRN)という国際人権NGOや、フィリピンの子どもたちのためのJFCというNGOに関わりながら、日々の仕事をしています。また、外国人ローヤリングネットワーク(LNF)の勉強会にもよく参加させていただいています。このほか、国籍法12条違憲訴訟弁護団にも入れていただきました。

(2)企業法務
 ロースクール在学中より、会社法を始め民事法分野は得意分野の1つであり、とても好きな分野です。各種株式の発行手続から株主総会関係、会社関係訴訟、会社非訟事件、組織再編関係まで、幅広く対応可能です。


■執筆した書籍等

1 『Q&A渉外家事ケーススタディ―離婚・子ども・ハーグ事案の実務』(共著)
  出版社:日本加除出版
  発売日:2013/6/1

2 『働く人のための ブラック企業被害対策Q&A:知っておきたい66の法律知識』(共著)
  出版社:弁護士会館ブックセンター出版部LABO
  発売日:2013/11/25

3 『 外国人事件ビギナーズ 』(共著)
  出版社:現代人文社
  発売日:2014/1/10

4 『企業のための 外国人雇用実務ガイド』(監修)
  出版社:法研
  発売日:2014/6/20

5 『新・少年事件実務ガイド(第3版)』(共著)
  出版社:現代人文社
  発売日:2015/2/10


役職等


 第二東京弁護士会では、子どもの権利委員会、国際委員会に所属しています。




by MLSO