ネパール人難民認定の件 朝日新聞のインタビューを受けました

私を含めた4人の弁護団で担当したネパール人難民認定の件で、
難民ご本人とともに朝日新聞の取材を受けました。

日本初のネパール人難民認定でもあり
4月に各種メディアで報道がありましたが、
5月になってから、中日新聞と朝日新聞が
改めて丁寧な取材をしてくださいました。

5月28日の朝日新聞名古屋本社版夕刊で報道されました。
難民認定されたご夫妻の笑顔が素敵です。

ネパール難民の抱える不安や、日本での生活の様子、
ネパール大地震後の支援活動の状況なども取り上げられており、
ご本人の人柄が行間から伝わってくるような記事です。

日本の難民認定制度の問題点についても
よく目配りされたコメントが付されています。

http://www.asahi.com/articles/ASH5F5D0ZH5FOIPE01Q.html?fb_action_ids=704130553025801&fb_action_types=og.shares

記事を一部だけ引用します。
(全文をお読みになる場合は、朝日新聞ウェブサイトからお願いいたします)

ネパールでは1996年、王制への不満を背景に共産党毛沢東主義派(毛派)が武装蜂起。10年にわたり内戦が続いた。ケーシーさんは国王を支持する政党の党員で大臣秘書も務め、毛派の迫害を受けた。

2004年には自宅から拉致され、竹の棒で頭や足をたたかれたり、手の指の爪をはがされたりした。「毛派に入らないと殺す」と脅され、応じるふりをして逃走。国内を転々とした後、国外脱出を図り、難民認定制度を知らないまま観光ビザで来日し、豊川市のネパール人仲間の家に身を寄せた。

今年4月、入管から呼び出しがあり、認定を伝えられた。これまでネパール人の認定例がないだけに、「驚いてきょとんとした」とケーシーさんらは振り返る。認定後、就労資格も得て木材会社でアルバイトを始めた。健康保険にも加入。やっと「普通」の暮らしを送れるようになった。

法務省によると、昨年、ネパール人の難民申請は1293人で国籍別で最多。一方、昨年11月、「難民偽装」を指南したネパール人が名古屋入管に摘発された。「ネパール人は偽装の主要例とされがちだった。今回の認定は偏見を覆す意義ある決定」とケーシーさんの代理人・伊藤朝日太郎弁護士は指摘する。ケーシーさんも「申請する人が全員うそをついていると思ってほしくない」と言う。