• キーストーン法律事務所

中国のカレー粉は本当にカレー粉か?

 所用で中国へ行ったりした。かの地のカレーはどういうものであろうかというと,少なくとも自分で歩いた上海・杭州・北京・大連・長春・瀋陽・重慶・西安・成都・広州の街中ではカレー専門店には気づかなかった。外食としてはあんまり一般的ではないのだろうか。ただ,「吉野家」なんかは多数中国に出店していて,牛丼一筋であるはずなのにどういうわけかカレー定食みたいなものも出している。店の前に掲げてあるメニューを見ただけで食べてはいない。誰か体験してみてもらいたいと思う。例の狂牛病以前には日本国内で日本人相手にすら出していなかったカレーを,中国で中国人相手に出しているという事実をどう味わうか,である。たしかバルチックカレーもココイチも中国出店していたと思うので,散歩の際にでも見つけたら食べてみてほしい。
 こういうわけで,あまりポピュラーじゃないんじゃないかということだけしか中国のカレー事情はわからないのだが,2点書いておこう。1点はレトルトカレーのことである。上海のスーパーで「雅子カレー」という名前のレトルトカレーを見つけてお土産に買って帰った。パッケージは日本でよくみかけるレトルト類と同じ。で,そのお味であるが,うまくなかった。味と香りが薄すぎるのである。ご飯にかけた状態は日本国内のレトルトカレーよりもやや色が薄め=透き通っているかなという印象。食べてみると色が薄めで透き通っているという心配はそのとおりであることがわかり,味も香りも薄いのである。つまり水っぽい。ウスターソースと唐辛子をかけて食べたくなる。
 第2に,買って帰ったカレー粉である。上海のスーパーで透明の袋入りのカレー粉を見つけたのだ。日本国内のスーパーでもありますよね。ヱスビーの赤い缶に入ったカレー粉ではなくて,袋に入ったやつとか,その他いろいろ。透明袋に入ったその粉カレーはなんだか色が暗くて,名も知らない複雑なスパイスがブレンドしてあると信じ込むには十分な雰囲気だった。しかも安い。なので大袋を一つ買って帰ったのだ。オチは見えていると思うけれど,そのとおりまるでだめ。家に帰って袋を開けて缶に移そうとしたところ,香りはなんとなくカレーっぽくはある。でもあまりにもほのかすぎるし,なんだかへんだ。後日いつもの通りにカレーを作ってみたところ,何の味も香りもしやしない。いくら投入しても,実にカレーにならないのだった。じゃあ,あのカレーのような黄色い粉は一体なんだったのだ。この間の経験からして中国の食品にはある種の不安が常に付きまとうが,そういうものだったのだろうか。おがくずとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です