• キーストーン法律事務所

パズーとシータとでは、どちらが色白だろうか(再録)

「天空の城ラピュタ」に出てくるロボットには戦闘型と園庭型がある。この間前者のプラモデルを2体、後者を1体作った。前者にはパズーの小さなフィギュアが付属していて、後者にはシータが付いてきた。できあがったら二人をならべてかざるつもりである。
 問題は二人の着色である。ロボットは難しくない。どのみち比較すべき日常的な対象物など無いのだから、艶消しの赤茶とか深緑とかを塗っておけばそれで足りる。しかしパズーとシータは人間なのであって、突拍子もない肌色やサイケな着衣ではまずい。着衣のほうは箱絵その他を参考にすればアニメそのままの雰囲気になるから問題が少ないのだが、肌の色をどうしようかと考えたとき悩みが生じたのだった。パズーの肌はどんな色に着色すればいいのだろうか。シータって色白に着色するべきなのだろうか。二人を並べるからにはこの点きちんとしたいと思ったのだ。
 物事をあまり考えなければ、ジェンダーバイアス?からシータのほうがパズーよりもやや白という塗装になるだろう。しかし、である。アニメの中でシータはヤクをつれてハイジやペーターのように山間の牧草地を歩いていた。親族が亡くなってから牧童のような生活を送っていたはずだ。そうだとすると日焼け著しい山岳少女である。強い紫外線に常時さらされているはずだから、単純に色白な着色ではヘンである。
 パズーはどうか。パズーは鉱山労働者である。年少だから坑内労働はしていないはずで(労働基準法第63条「使用者は、満一八歳に満たない者を坑内で労働させてはならない」)、日がな一日暗い坑内にいるわけではないことは確かだとしても、陽のささない屋内業務に従事する時間はシータよりも長かったはずである。だた、禁止されているのは坑内労働だけだから、採掘された鉱石を取り扱う業務に屋外で従事している可能性はある。この点がはっきりしないと一概には言えないのだが、炎天下でヤクを連れ回すシータよりは陽にさらされることは少なかろう。
 と考えてくると、パズーよりもシータを白目に着色して済ますわけにはいかないことがわかる。この悩みを配偶者に相談したところ、こう応えた。「どっちでもいんじゃない・・・。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です