• キーストーン法律事務所

新着情報

三伏峠小屋の乾燥室

三伏峠小屋の乾燥室                2000.8.6  塩見岳からの下りのことです。塩見小屋と三伏峠小屋の中間くらいのところで大雨になりました。おおむね下りでしたからそれほど往生したわけ ...

続きを読む

中国のカレー粉は本当にカレー粉か?

 所用で中国へ行ったりした。かの地のカレーはどういうものであろうかというと,少なくとも自分で歩いた上海・杭州・北京・大連・長春・瀋陽・重慶・西安・成都・広州の街中ではカレー専門店には気づかなかった。外 ...

続きを読む

自作の糊カレー

 ずいぶん以前のことであるが,カレーの料理本を買ってきて下宿でカレーばっかり作り続けたことがあった。みじん切りにしたタマネギを何十分とか炒めて作るやつで,なれてくると結構うまいものができあがった。イン ...

続きを読む

格差社会を食べ尽くす

 上品な食べ物とはほとんど縁がない。かといってハンバーガーに代表されるようなファストフードならいいのかというと,文化と味覚と健康を蝕む鉄砲玉という認識があって,やっぱりいやだ。昨年のこと,「格差社会を ...

続きを読む

声の思い出こそ大切に

 昔々カセットテープというものに録音した音声を、今デジタルのデータ(mp3)に変換している。変換のためにそれなりの機材を買ったのだ。機能に若干の不満はあるけれど、CDからもカセットからもUBSメモリー ...

続きを読む

生協食堂のカレーが糊であったこと

 大学生協の食堂で出ていたカレーは「糊」であった。入学した当初はたしか100円で、しばらくして120円に値上げされた。その後は卒業するまでずっとこの値段だった。入学当時はまさに糊のようなカレーで,それ ...

続きを読む

焼き加減にみる鰻の肉質について

 鰻の肉質というものに驚いた。何かと言うと、先日、群馬県の太田駅近くにある鰻の名店で鰻重を注文したとき、マスターから「鰻の炭火焼きはどうですか」と勧められたときのことである。  勧めにしたがって注文し ...

続きを読む

年末年始のイベントのこと

 岡崎友紀さんのライブに行ってきた。1月18日土曜の夜。ライブ? いや、ライブっていう語感とはちょっと違う。「GANBAROU」という名前のジャズバーで、カウンターの内側に座った友紀さんの歌や詩の朗読 ...

続きを読む

煮魚構想の発端と顛末(再録)

 課題となっていた煮魚であるが、格好だけは作れるようになった。要するにおつゆを作って魚の断片を寝かせ、ゆっくりと火を通せばいいだけのことだったのだ。ただし、魚肉の内部にまで味が染み込むまでにはいたって ...

続きを読む

植物工場構想の発端と挫折(再録)

 春先に決意した植物工場建設であったが、うまくいかなかった。原因は技術情報の不足にある。当初、日照の悪い1階の自室窓側に栽培設備を設置し、液肥と人口光による全面的な管理型の植物栽培を構想していた。子ど ...

続きを読む